ナイアシンフラッシュの効果や原因をまとめました

ナイアシンフラッシュというかゆみなどを伴う症状を知っていますか?この記事ではそもそもナイアシンとは何か、というお話から、ナイアシンフラッシュの効果や原因、対策などをまとめて紹介していきます。

ナイアシンはビタミンB3のことなんです


ナイアシンというと聞き覚えがない方もいいかと思います。ナイアシンはビタミンB3と呼ばれ、ビタミンB群に含まれます。ナッツやたらこ、レバーなどに含まれる栄養素ですが、日常生活ではなかなか食べる機会がすくないのではないでしょうか?

#お酒を飲む人は要注意


ナイアシンはあらゆる酵素の補酵素として働いています。アルコールを摂取すると肝臓でアルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素といった酵素に分解されていきます。この過程でもナイアシンは補酵素として働くことになり、消費されていきます。そのためアルコールを摂取しがちな人はナイアシンが不足しやすくなる可能性があります。

#不足するとどうなるの?


ではナイアシンが不足するとどうなってしまうのでしょうか?ナイアシンの欠乏が続くと、ペラグラと呼ばれる疾患をもたらすと言われています。具体的には皮膚炎や下痢・嘔吐といった症状が出てしまうケースがあります。

ナイアシンフラッシュとは?


ここまでナイアシンとは何か、不足するとどうなるかということを紹介してきました。不足しないようにとナイアシンう摂取すると起きることがあるのが、”ナイアシンフラッシュ”と呼ばれる反応です。次にどのような反応なのかを説明していきます。

#ナイアシンフラッシュになるとどうなる?


ナイアシンフラッシュになると、一時的に体が赤くなったり、蕁麻疹のような皮膚の症状がみられます。これは血流がの改善、ヒスタミンと呼ばれる成分の排出という2つの作用によるもので反応が出てから2-3時間程度では収まるケースが多いです。中にはそのかゆみが「気持ち良い」と意図的にナイアシンフラッシュが起きるようナイアシンの摂取量を日々増やしている方もいます。(*推奨はいたしません。)

#ナイアシンフラッシュは大丈夫なの?


ナイアシンフラッシュは危険なのもではなく、好転反応の一種とされています。そのためむしろしっかりと作用している証とも言えます。ただ皮膚に症状が出る場合があるため、外出前にナイアシンを摂取することは最初は避けた方がいいでしょう。ナイアシンを日々摂取していくと、徐々に症状は少なくなっていきます。

myFineでもナイアシンをご用意しております


myFineでもナイアシンをご用意しており、ナイアシンフラッシュが出たという声をいただいたこともございます。上記の内容をご説明させていただき、継続してご利用いただけております。診断の結果、ナイアシンが配合されるかはお客様によりますが、一度無料診断を受けてみてはいかがでしょうか?